戸建てブログ

限られた予算の中で注文住宅を造っていく日記

家を建てるには、結局いくら借りればいいのか?

| 0件のコメント



色々と調べていますが、現実的に今どのくらい進んでいるのかというと、まだ1/40の時点です(笑

エーワンディヴェロップさんと打ち合わせだけは進んでいるものの、まだあくまで想定の内容ばかり。
実際にお金の面の話が進まない限り、先には進めません。

この前もらった、”収支計算書”では、自己資本が500万円、借り入れが1900万円、
最後に残るのが200万弱での計算になっていました。
残す金額は、100万くらいで良いので、1800万の借り入れで想定していきます。

仮に1800万借りるとして、毎月いくら返せば良いのか、いくら返せるのかも計算する必要があります。
住宅ローン金利パターンとして今考えている地元銀行と新生銀行での比較です。

地元銀行 新生銀行
変動 1.225% 0.88%
10年固定 1.70% 1.40%
20年固定 2.45% 1.85%
どの年数の場合でも、やはり金利面では、新生銀行の方が安いです。
ここで書いている地元銀行も、住宅ローンの金利としては非常に安い部類に入る銀行なので、新生銀行がどれだけ安い金利を出しているのか、という話になります。

これで計算してみると、完成直後の毎月の返済額は下記のようになります。
シミュレーションはここでやりました。(元利均等、35年、ボーナス払い無し)
地元銀行 新生銀行
変動 52,720円(1.225%) 49,810円(0.88%)
10年固定 56,893円(1.70%) 54,235円(1.40%)
20年固定 63,867円(2.45%) 58,251円(1.85%)
こう見てみると、やはり金利変動のリスクはあるものの、当初の支払額としては、毎年変動の分と20年の長期固定で、毎月1万円程変わります。

新生銀行で変動金利で借りた場合、毎月の支払いがなんと5万円を切ります。
今の家賃から考えると約半分です。住宅ローンに関してはまだよく分からない事が多いため、実際にはこうならないかもしれませんが、大きくはハズしてないはず。

ほんとうにこうなったら良いなぁ。

もし記事を気に入ってくれたらクリックで応援頂けると嬉しいです。
他の戸建てブログさんもたくさん登録されていますので 、是非どうぞ。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ

コメントを残す

必須欄は * がついています