戸建てブログ

限られた予算の中で注文住宅を造っていく日記

安い土地の選び方

| 1件のコメント

希望していた土地ですが、不動産ポータルサイトに掲載されていた価格が約60坪で、520万円でした。坪単価8.8万円。

福岡市内の土地としては、そもそも激安価格なのですが、価格面で見たこの土地の良いところは、他にもありました。

”元々家があった土地で、更地にしてある土地”という点です。
なんで家があって更地だったら良いのか?理由は3つ。

1)上下水の引き込み費用が掛からない

2)地盤強化費用が掛からないかも?

3)更地なら解体費用が掛からない

の3つです。
ちょっと長くなりますが、それぞれもう少し説明します。

1)上下水の引き込み費用が掛からない
これも、家の見積もりを取り始めてから初めて知ったことなんですが、家を建てるためには、上下水が必要です。
道路の下に上下水の配管が通っているのですが、そこから家にその配管を引き込むのに、結構なお金が掛かります。

見積りでは、どの業者さんも80万円ほど記載されていました。
元々、その土地に上下水の引き込みがある場合は、備考欄や設備の欄に『上下水』と書いてある事が多いです。

2)地盤強化費用が掛からないかも?
現在、建築法で地盤調査が義務づけられています。
もし、地盤調査の結果、「軟弱な地盤だ」と診断されてしまうと、約100万円程の費用が掛かります。
なおかつ、一般的には土地を買った後じゃないとさせて貰えません。

「買う前に地盤調査させてくれ」と言っても、もし軟弱地盤である事が判明した場合、
売り主には不利な結果となるため、させて貰えないことが多いそうです。
まあ、意味が分からなくはないですね。

しかし、”元々家が建っていた”という事になると、この地盤強化費用が掛からないかもしれません。
コレばっかりは、やってみないと分からないとどのハウスメーカーでも言われましたが、お金が掛かる可能性は低くなります。

3)更地なら解体費用が掛からない
売り土地のポータルサイトを見ていると、「現況:古家有り」「現状渡し」という記述を見かけます。
もし、古家が建っている場合、新築で家を建てるためには解体工事が必要になります。
この解体費用、もちろん大きさ次第ですが、100万円ほどは見ておく必要があるそうです。

以上の三点で全部クリアすると、約280万円程は”買った後”に費用がかかります。
そう考えると、この520万円の土地は実際には800万円程の土地と同等の価格であるという事になります。

ただ、土地の形を考えると、60坪でも有効に使える場所は40~50坪になるのかもしれません。

もし記事を気に入ってくれたらクリックで応援頂けると嬉しいです。
他の戸建てブログさんもたくさん登録されていますので 、是非どうぞ。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ

1件のコメントがあります

  1. ピンバック: 土地の契約にはローン特約というものがあるらしい | 戸建てブログ

コメントを残す

必須欄は * がついています