戸建てブログ

限られた予算の中で注文住宅を造っていく日記

土地の契約にはローン特約というものがあるらしい

| 0 comments

この前、エーワンディヴェロップさんが、先に土地について、売り主側の業者さんに聞いてくれた時に

「まだ決まってないけど、ハウスメーカー経由で2件の問い合わせがある」

という情報を教えてもらいました。

今、間取りを考えたりしているものの、土地ありきで、間取りは作るのでもし先に土地が売れてしまった場合、また全部最初からやり直し。となる可能性もあります。

なので、「間取りとか細かいことはさておいて、先に土地の契約を急いだ方が良いかもですね」とアドバイスをもらいました。

この前の「安い土地の選び方」という記事で書きましたが、今希望している土地、私の条件の中では破格に良いのです。

なので、やはりこの土地に家を建てたい。

となると、賃貸でよくあるような、問い合わせがあったら留めておく、部屋止め(予約)のようなものはないのかと聞いてみると、売買契約では普通はないそうで、「買い付け証明書」というものを送ってようやく押さえることができるのだそうです。

でも、実際にローンは審査をしてみないことには、通るかどうかすら分かりません。

そのために、「ローン特約」というものをつけるのが一般的なのだそうです。

契約時に、このローン特約をつけておけば、万一ローンが通らなかった場合、すべての契約を白紙に戻せるという契約です。

土地の売買契約の時に、1割程の手付け金を払いますし、また、仲介をしてくれた業者さんには、その仲介手数料を払います。ですが、実際にローンが出なかった場合、「すべて含め無かったことに」できるという、消費者目線の特約。

これがあるので、もし、土地が気に入ってるのなら、先に進めちゃっていいですよ~という事でした。

よしよし。どんどん先に行こう!

もし記事を気に入ってくれたらクリックで応援頂けると嬉しいです。
他の戸建てブログさんもたくさん登録されていますので 、是非どうぞ。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ

コメントをどうぞ

Required fields are marked *.

*