戸建てブログ

限られた予算の中で注文住宅を造っていく日記

リビングテーブル購入

| 0件のコメント

引っ越し最後まで悩んでいた、リビングテーブルがやっと決まりました。

テーブルの条件としては「ローテーブルであること」「価格は5万~8万くらい」「多人数でも対応出来ること」

色々探し回った結果、どっちかにすることになりました。

1.長方形型 テーブル 「Wolb」
W1400×D800×H360mm
【送料無料】ウォールナット突き板ブラックガラストップ収納付きリビングテーブル/Wolb


2.正方形型テーブル「Arly」
W1000×D1000×H310mm
収納付きローテーブル、ブラックガラスとニレ材の木目がインテリアテーブル【Arlyアーリー】

上は両方ともAmazonのリンクですが、名前で検索するといろんなショップが取り扱ってます。
どっちの商品も、似ている事から同じメーカーなんだと思いますが、どこのショップも
「代引き不可」「メーカーから直送です」と書いてある事から、きっとショップの間では
ポピュラーなメーカーなんでしょうね。

みんなでさんざん悩みまくったんですが、結果多数決で下の写真のArlyになりました。

決め手は、テーブル自体の高さ。310というローテーブルの中でもかなり低いテーブルということで、目線の邪魔にならないという事で決定です。

家の建具が「ダークウォールナット」で統一していたので、上の「Wolb」の材質がウォールナットだったのでこっちの方が合うかなーと思いましたがちょっと高さが高いのです。

Arlyは木枠の材質が「ニレ」という材質らしいのですが木目はそれぞれで違うということで、届くまでのお楽しみです。

本当は、W1200mm×D1200mmくらいのローテーブルを探しまくってたんですが、全然見つかりませんでした。
Yahoo知恵袋か何かで「大きな正方形のテーブルを探してるんですが見つかりません」という方が居ました。
回答者の中で「W1200mm×D1200mmなんてテーブル、ニーズが無いと思いますよ。だって真ん中届かないですもん。」と。

あー、、、なるほど。。。それは確かに。
そういうわけで、 W1000×D1000で我慢するか。と。

面積で言うと、元々マンションで使っていたテーブルが1200mm×600mm(0.72㎡)のテーブル。

このArlyが 1000mm×1000mm(1.00㎡)なので、約25%増しですね。
もう一つ検討していたWolbが1400×800(1.12)なのでこの広さは魅力的でしたが、いかんせんやはり高さが。

一点だけ不安点が。黒の強化ガラスという事で、ガラステーブルってどうしてもキズが付きやすいイメージなんです。しかも黒だし。

と言っても、ガラステーブルを買ったことがあるのは中学生くらいのときだったので、その頃と比べると、強化ガラスって強くなってるのかなぁ。

ま、予算よりも安かったので、良しとしましょう!

コメントを残す

必須欄は * がついています