戸建てブログ

限られた予算の中で注文住宅を造っていく日記

リクシルの対応

| 0 comments

あら、ブログ始めて、知らぬ間に200記事目だ。

おっと、どうでもいい話はさておいて。。。

リクシル営業のFさんから電話がありました。
とっても元気な方で、電話の感じからすると、25~28歳くらいかな?

状況を説明したところ「とりあえず、施工会社のエーワンディヴェロップさんと連絡をとってます!」ということで、ああ、麻生社長も把握してくれてるなら良いな、という事で、お金とか納期の前に、一回モノが間違ってないかどうかを確認したいということで、メールで確認用の画像を送ってくれるという事になりました。

一回電話をきって、すぐに麻生社長に電話。

「リクシルのFさんと話したんですが、麻生社長にも連絡行ってるんですよね。」
「えっ?こっちには連絡ないですよ??」
「あれ?そうなんですか。連絡したって言ってたんですけどね。」
「ないですねー。」
「まあ、分かりました。とりあえず、モノの確認を先にしています。」

メールで画像データが届きました。間違い無かったので、これでOKですと返信。
参考見積もりも一緒についてて、このスライディングストッカー、定価で255,000円。
今取り付けしてあるものが約20万円だったので、差額で5.5万円くらい違う計算に。

その後、もう一度リクシルのFさんから電話があって、今回、結局は交換ではなく、追加という形になるので、もの自体が12万円程がかかるという話でした。(これに追加で取り付け費用も)

ただ、正直この金額には納得いかなかったので、「最終段階の発注ではこっちに非があるが、そもそも最初にコーディネーターさんに伝えてた時点で間違ってるとは思わなかった。」という事を伝えたところ、再度上に確認を取る、という事でした。

「見積もりの件は、エーワンディヴェロップさんにも連絡していますので」というので、もう一回麻生社長に電話したら、「え???いえ、連絡ないですよ。」と。。。どういう事だ。

意味が分からなかったので、Fさんに電話してみると、
「リクシルから直接施工会社さんに卸すわけではなく、納材店さんに卸すので、そこに電話してるという意味でした」
というので
「『エーワンディヴェロップさんに電話した』って言って話をすすめるから、意味が分からなくなるでしょう!!!どっちにしても困るから、もう一回会社で話して、金額の件連絡下さい!」

とちょっと怒ってしまいました。

頭が痛い、、、いや、胃が痛い。。。

うーーーーむ。

もし記事を気に入ってくれたらクリックで応援頂けると嬉しいです。
他の戸建てブログさんもたくさん登録されていますので 、是非どうぞ。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ

コメントをどうぞ

Required fields are marked *.

*