戸建てブログ

限られた予算の中で注文住宅を造っていく日記

見積もり項目の説明その1

| 0 comments


昨日公開した見積もりの中で、私が「なんじゃこりゃ」と思った項目をいくつか説明したいと思います。

分からなかったのは、主に「付帯工事」が多かったので、その1の今回は付帯工事部分を。

現場管理費
管理者の手間賃、まあ、ここが施工会社の儲け分として乗っているところです。

確認申請費
建築確認の申請費用です。が、 これが書いてあるのはゼロキューブだけ。
何かというと、「この土地に、この建物を建てて良いですか?」という申請をする費用です。
40万円も申請にかかるのかと言われると、実際の建築確認手数料は3万円くらいらしいです。
残りの37万はなにか。ここに設計料や構造確認の費用が含まれます。
レオハウスの場合は、「基本図面作成費用」と「諸検査費用」で分かれてるみたいですね。
前回の比較表で計算に入っていたのは、 レオハウスとゼロキューブだけでしたが、一建設は、そこも含めての金額なのだそうです。すごい。

仮設工事費
建物の周りの足場だったり、電気、水、トイレなどが含まれています。
これは、建てる面積に寄ってかわるそうで、1階建ての方が高いらしいです。

残土処理費
家を建てる時に、土を掘って基礎を作ったりしますが、それを捨てるための費用です。
最初聞いたときは「え、土捨てるのに金掛かるの?」と思いましたが、よく考えればそりゃそうです。
計算で入っているのは、ゼロキューブと一建設だけですので、その他2社は実際の見積もり時には上がるはずです。

まずは以上4つ。

もし記事を気に入ってくれたらクリックで応援頂けると嬉しいです。
他の戸建てブログさんもたくさん登録されていますので 、是非どうぞ。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ

コメントをどうぞ

Required fields are marked *.

*