戸建てブログ

限られた予算の中で注文住宅を造っていく日記

宅地なのに家が建てられない土地

| 2件のコメント

今日、ネットで土地を探していると、とんでもない物件を見つけました。
博多駅まで1駅の吉塚駅まで徒歩5分、広さは60坪、地目は宅地。この条件で、なんと450万円。
この頃、私は土地の坪単価を見るようになっていました。
450万円で60坪という事は、坪単価7.5万円。
この地域の平均坪単価は50万円です。50万円です。
つまり、60坪だったら3000万円。1/6以下です。
が、よく見ると「原則建築不可」となっています。原則、原則、、、、うーん?聞いてみよう。

「あ、もしもし?この土地なんでこんなに安いんですか?あと、原則建築不可ってなんですか?」
「ああ、えーっとですね、道が無いんです。」
「え?でも、家の前に道があるじゃないですか」
「えーと、私が言っている道というのが、法律上の道という意味で、幅が2m以上無いと道と認められないんです。」
「え?だけど、この土地の両脇に家建ってますよね?」
「ですね、これは、都市計画法という法律で決まった事なので、その法律が適用される前からある家は対象外なんです。」
「な、、、なるほど。えーっと、じゃあ、この土地には建物が建てられない?」
「ですね。」
「でも、原則って、例外は何ですか?」
「まーー、ほんとに例外なんですけど、宗教施設とかなら建築許可が出る事もありますよという。。。」
「。。。。なるほど。どうやってもダメなんですよね?」
「はい。どうやってもダメですね。というか、どうにか出来てるなら、ウチがどうにかして高く売ってますね。あはは。」
「あはは。そりゃそうだ。」

というわけらしいです。
最後に言われました「値段的な意味での掘り出し物の土地なんかありませんよ。」

もし記事を気に入ってくれたらクリックで応援頂けると嬉しいです。
他の戸建てブログさんもたくさん登録されていますので 、是非どうぞ。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ

2 件のコメントがあります

  1. なるほどなぁ・・・

    • 道が必要なのは、消防車だったり救急車だったりの緊急車両が通れるように、という事らしいです。

コメントを残す

必須欄は * がついています