戸建てブログ

限られた予算の中で注文住宅を造っていく日記

土地広さの目安が分かった(建坪率と容積率)

| 1 Comment

この前のブログで、土地の広さの目安が分からないとぼやいていましたが、色々調べて何となくの目算がつきました。

まず、家の広さを確定する必要があるそうです。そして、目安としては、1人当たり8坪が目安なんだと。
という事は、、、4人家族で、4×8=32坪の家。もちろん、2階建にしたら、半分の16坪。(コレを建坪-たてつぼ-というらしいです。)
この坪数をベースに土地の広さを考えるんですが、なんと!法律で建てられる土地が決められているんだそうです(常識?)

それが、建坪率と容積率。
まず、建坪率ですが、その土地の種類によって複雑に決まってるらしいんですが、私が探している地域の宅地では50%という設定が多いようでした。
ですので、一階面積が16坪の家を建てるためには、最低でも32坪の土地が必要になるという事です。

また、さらには「容積率」というのも関係してくるらしく、一階と二階の面積をあわせた数値(延べ床面積というらしい)が、容積率を超えてはいけないそうです。
私が探した土地の容積率が80%だったのですが、延べ床面積で32坪だったら32÷0.8=40坪となります。
建坪率では32坪でOKだったのに、容積率では40坪が必要となってしまいました。両方をクリアする必要があるので、最低で40坪になるようです。
言葉では分かりにくいので、図にしてみました。

むーーー。めんどくさい。
私が探した土地が750万円の60坪、建坪率が50%で容積率が80%。これだったら、最大で48坪の家が建てられるという事になります。

まあ、実際には庭と駐車場が欲しいので、そんな目いっぱいのは建てないでしょうが。

 

 

もし記事を気に入ってくれたらクリックで応援頂けると嬉しいです。
他の戸建てブログさんもたくさん登録されていますので 、是非どうぞ。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ

1件のコメントがあります

  1. Pingback: 建坪率・容積率の前に「用途地域」があった | 戸建てブログ

コメントをどうぞ

Required fields are marked *.

*