戸建てブログ

限られた予算の中で注文住宅を造っていく日記

司法書士が指定らしい

| 3件のコメント

そういえば、アプラスに提出する書類の貸し付け条件に「司法書士はアプラスから指定します」という内容が書かれていました。

司法書士に知り合いが居るわけでもないので、とりあえず問題ないと思っていましたが、麻生社長から、「アプラスから電話があって、司法書士が指定らしいです」と言われました。

元々、麻生社長の方で手配頂く予定だったようなのですが、まあそれが貸し付け条件なら仕方がないので飲むしかありません。

 

どこに司法書士が必要になるのかというと、今回つなぎ融資で実行するのは、土地の決済代金と工事の中間金の支払いの2つです。

土地の代金が500万円くらい、中間金が700万円くらいで、合計1200万円をアプラスから借りることになります。

それを借りる時に、土地と建築中の家を担保にお金を借りるという契約になるため、「第一抵当権」という権利を、お金を貸してくれるアプラスに指定するわけです。抵当権というのは、例えば何かがあってお金が払えなくなった場合に、それを差し押さえる権利と言えばわかりやすいです。これを、抵当権設定というらしいのですが、これの設定を行えるのは司法書士です。

家が建ってしまった後に、銀行(今回は新生銀行)から住宅ローンが下りるのですが、実際に振り込まれる金額は、この1200万円を引いた差額が口座に振り込まれる事になります。

その振り込みが終わった後に、今度は抵当権の抹消手続きをするのですが、今回アプラスが指定してきてるのは、「抵当権の設定はこっちで指定した司法書士でヨロシク」という事でした。

まあ、ただ、何のために指定なのかやっぱりよく分からない。
通常地銀でつなぎ融資借りるだろうから、アプラスとか遠方の場合はなかなか会って契約とかできないので、それの代行として司法書士にやらせてるので、変な条項が無いように、という意味なのかなーとか想像しますが、想像の範囲を超えません。

なんなんだろう?

3件のコメント

  1. こんにちは!
    いつも参考にさせてもらってます(*^^*)
    進行具合がほぼ一緒で、うちも昨日つなぎ融資の申し込みすませてきました。
    質問なのですが、原価公開見積りを見せてもらった中で、親子ドア¥36800と書いてあって、安いなーってびっくりしたんです。
    玄関ドアのことですよね?
    こちらも、LIXILさんですか?ドアってカタログ見るとすごく高くて、親子ドアになると40万前後しますよね!
    やっぱりLIXILさんで揃えるから、それぐらい値引きができるのでしょうか?
    教えてもらえたら嬉しいです。今、予算の都合で親子ドア諦めることになってるので(T ^ T)
    迷惑な質問でしたら、スルーして下さい!

    • ここあきさん、いつもありがとうございます!
      おっしゃってる親子ドアは、リビングのところの建具ですね。

      玄関のドアは別で、ウチの場合、フォラードの片開きタイプです。
      LIXILは高くても参考見積りの40%くらいみたいですよ。ウチの片開きタイプが、参考見積りで30万強したんですが、実際の見積りは95700円でしたので、親子ドアがカタログで40万くらいですが実際の卸価格は多分13万円くらい。
      原価なので、実際にはもう少し高いんでしょうが、それでも多分、シングルタイプと比べて数万円しか変わらないとおもいます。今更、玄関は親子ドアがいいなーと思ってます。。。
      ご参考までに~。これからもよろしくお願いします!

  2. 思いっきり見間違いでしたー!
    すいません…ちゃんと別で玄関ドアの項目ありました(*^^*)詳しく教えて下さってありがとうございます。
    うちの工務店さんも原価でやってくれているのですが、ここまで細かく記載はないので(乗せられてるとこもあるかも笑)とても参考になってます!

    カタログの値段はあってないような物ですね(~_~;)
    更新楽しみにしてます!

コメントを残す

必須欄は * がついています