戸建てブログ

限られた予算の中で注文住宅を造っていく日記

朝、激痛で目が覚めた

| 0件のコメント

朝の5時くらいにものすごい腹痛で目が覚め、トイレに入るも痛みが普通じゃない。

元々、持病で大腸憩室(だいちょうけいしつ)というものを持ってて、年に1回くらいの割合でそれが炎症を起こして同じ状態になるんですが、今日のはちょっと違ったんです。

余りに痛すぎて変な汗は出るし、意識は朦朧とするし、過呼吸で手足はしびれるし。

どうしようも無いので、朝8時に近くの病院に行きました。

今日は、どうしても会社を休めない、大事な会議の日だったので、痛み止めでも打ってもらって会社に行こうと思いましたが、医者から「どう考えても今の状態で会社には行けないでしょう」と。。。

痛みでまともにしゃべることも出来ず、後から病院に来た妻に電話で会社に連絡してもらったところ、「何とかするから大丈夫」と言われ、とりあえず点滴打たれながら意識がなくなってました。

その間に、CTやらMRIやら色々検査をされていたみたいで、時折、MRIの「ガンガン」という音が耳の上でなってました。(前に一回やったことがあったので覚えてた)

目が覚めて、近くにいた看護婦さんに「あの。。。今どういう状態ですか・・・?」と聞くと「今、奥様が先生と話されていますのでちょっと待って下さいね。」と言われ、『ああ、、、何かすごい病気なんだな。』と思いました。

『ガンとかかな。。。』
『もしそうだったら、家も建ってないのに・・・』
『子供はどうするんだろう・・・』
『がん保険入ってないな・・・』

そんな事を考えていました。

すこし経って、看護婦さんに言われました。
「先生と奥様の話が終わったそうなので、診察室へお入り下さい。」

診察室に入ると、見慣れた妻と、初めて見るふっくらした先生が居ました。
妻は困ったような顔をしていました。

『ごめんよ。俺のせいで。。。』と思いながら、「あの、どうなんでしょうか?」

「最初、大腸憩室をお持ちと言うことだったので、憩室炎を疑っていたのですが・・・」

「はい。。。やばいんですか?」

「えーっと、これは恐らく・・・・」

ゴクリ・・・・

 

 

 

 

「尿管結石ですね」

 

 

 

・・・・・・まじすか。

「尿管結石ってこんなに痛いんですか????」と聞くと、

「出産の痛み、ガんの痛みと並んで、尿管結石の痛みと言われてますね」と。

そうなのか。

「とりあえず、今から痛み止めのボルタレンという薬を入れます」

「えーっと、点滴?」

「いえ、座薬です。」

「・・・・・まじすか。小学生以来ですね。」

「普通の痛み止めと違いますので、ちょっと効き目が強いですよ。運転とかはしないで下さいね。」

グサッ

「うっっ」

そういうわけで、昼前に会社に出社できました。

会議の出席者の皆様、ご迷惑おかけしました。。。

ちなみに、病院で掛かった費用が驚く金額でした。

朝の時間外だったのもあるんですが、CTやらMRIやらエコーやら色々検査されたせいで、3割負担なのに、24,000円(笑)

石は「自然とおしっこで出てくるのを待って下さいね」だと。
治療もしてないのに高すぎるやろーーー。

でもまあ、死ななくて良かった。

もし記事を気に入ってくれたらクリックで応援頂けると嬉しいです。
他の戸建てブログさんもたくさん登録されていますので 、是非どうぞ。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ

コメントを残す

必須欄は * がついています