戸建てブログ

限られた予算の中で注文住宅を造っていく日記

木造か鉄筋かツーバイフォーか?

| 0 comments

家を建てる時に、いろんなメーカーさんが「ウチは●●●●の工法で作ってます」という事をよく聞きます。

よく分からなかったので、本を買って調べました。
いくつか分かれているようで、戸建てでよく使われる工法は

・従来工法
・ツーバーフォー工法
・鉄筋コンクリート造

の3つだそうです。(実際にはもう少しある)

それぞれ、特徴がありますので簡単に。

従来工法
昔から日本で作られてきた、大工さんが木を切ってそれをベースに家を組み立てていくやり方。
ほとんどの戸建て住宅がコレです。
メリット :価格が安い、自由度が高い、耐震性も問題無い、ほとんどのメーカーが対応
デメリット: 大工さんの力量に品質が左右される、あまり広い空間は作りにくい、工期が長く掛かる

ツーバイフォー工法
名前の由来は[2インチ×4インチ]の柱を組み合わせて、それに壁を貼ることで作っていく工法なのだそうです。
メリット: 工期が短い、大工さんの力量による差が出にくい
デメリット:従来工法に比べて自由度が低い、従来工法に比べて若干高い

鉄筋コンクリート造(RC造)
名前の通り、 鉄筋とコンクリートを合せて作るやりかた。マンションなどがこれ。
メリット:耐震性が高い、大空間も作れる、耐久性能が高い、遮音性が高い
デメリット: 価格が高い、家自体が重い

という感じです。
お金さえあれば、鉄筋コンクリート造が一番良いのかも。と思いますね。
今お願いしてるエーワンディヴェロップさんも、 小規模ならRCでやってくれるらしいのですが、
やっぱり価格が上がるんだそうです。

”従来”工法と聞くと、なんだか古くさいなーと思ってしまいますが、ほとんどの住宅がコレなのだそうですヨ。

もし記事を気に入ってくれたらクリックで応援頂けると嬉しいです。
他の戸建てブログさんもたくさん登録されていますので 、是非どうぞ。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ

コメントをどうぞ

Required fields are marked *.

*