戸建てブログ

限られた予算の中で注文住宅を造っていく日記

火災保険は35年で入る?

| 0件のコメント

想定している費用の中で、単発で考えると非常に大きいものが、火災保険です。

いろんなハウスメーカーで見積もりを取った所、可能な限り安くしようとがんばっている会社さんは、どこも火災保険を5年とか1年とかにしていました。

35年にすると最終的には非常に安くなりますが、イニシャルコストは高いです。

「火災保険」とヒトコトで言いますが、実際には火災以外にもオプションで保証されるんだそうです。

例えばですが、
・爆発
・台風の被害
・盗難
・水災
とかですね。
水災まで入れると非常に高くなるようです。

この辺り、調べ始めたばかりで全くわかりませんので、細かい事はまた後日考えます。

目下大事な事は、35年にするのか、それとももう少し短期にすべきなのか。
火災保険を35年で入る事のメリットデメリットを調べて見ました。

35年一括 5年や10年の中期
メリット ・料金が安くなる。(最大40%程安くなる) ・初期コストが安い
・建物価値に併せて見直しが出来る
デメリット ・初期コストが高い ・単価が高くなる
こう見ると、「35年は見直しが出来ないのか・・・・」と見えがちですが、実はちょっと違うんだそうです。
「見直し」をするタイミングがいつなのかというと、保険料が上がった/下がったの時だと思います。
35年一括の場合保険料が上がった場合には、追徴はないんだそうです。なおかつ、下がった場合は年数分の解約金が出るので、その金額で再度かけ直せば良い。と。

そう考えると、35年でもいいかなぁ。ただ、初期コストが高いので、それを支払えれば。。。。という前提になってしますが。

もし記事を気に入ってくれたらクリックで応援頂けると嬉しいです。
他の戸建てブログさんもたくさん登録されていますので 、是非どうぞ。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ

コメントを残す

必須欄は * がついています