戸建てブログ

限られた予算の中で注文住宅を造っていく日記

アプラスに新生銀行の融資承認を送る

| 2件のコメント

さて、新生銀行からの融資承認をアプラスに送ります。

前書きましたが、つなぎ融資のアプラスへは、事前に書類はほぼ送っており、残るは銀行の融資承認だけの状態になっていました。

揃える書類の数が多くて、面白いのでもう一回書きますね(笑

■アプラス
1)ブリッジローン借り入れ申込書
2)商品内容確認書
3)個人情報利用同意書
4)印鑑証明書写し
5)住民票写し
6)運転免許証コピー
7)源泉徴収票1年分
8)住民税決定通知書のコピー2年分
9)住宅ローン借り入れ申込書コピー(新生銀行の申込書)
10)住宅ローン融資予約通知書(新生銀行の内定通知書)
11)土地の売買契約書コピー
12)工事請負契約書コピー
13)重要事項説明書コピー
14)不動産登記簿謄本コピー
15)建築確認申請書コピー
16)建築確認申請書確認済証コピー
17)住宅地図コピー
18)配置図・求積図コピー
19)平面図コピー
20)立面図コピー
21)断面図コピー
22)矩計図コピー
23)公図コピー
24)団体信用生命保険 加入申込書

10の太字の書類が融資承認です。

ロールプレイングゲームで言うと、別の世界に行くワープゲートの鍵の最後の1つが揃ったという感じでしょうか?(謎)

はー。。。長かった(コレばっかり言ってますが)

土地の決済の件もあるので、とりあえず速達で郵送。
アプラスに電話して、「速達で送ったから、とにかく急ぎでヨロシクな!!」と伝えて今日はエンドです。

2件のコメント

  1. うちも新生銀行がよかったんですが、
    連帯債務ができなかったんで諦めました。
    あとソニー銀行も考えたんですが、嫁の年収が少しだけ足りなくて
    ペアローンにできなかった・・・。

    • そうなんですよね~。連帯債務出来なかったんですが、生涯に払う金額計算すると、結果あの時は、新生銀行が最安だったんです。
      今は景気が上がってきているので、利率固定にしときゃよかったのかなーと思わないでもないですが、まあ、仕方ないですね。

コメントを残す

必須欄は * がついています